理想のバストを手に入れる!美容整形でコンプレックスに打ち勝つ胸を手に入れる

胸の大きさや形でコンプレックスを持ったり悩んだことはないでしょうか?そんな悩みを解消してくれるのが、美容整形の豊胸手術です!

埋没の二重整形で魅力的な二重になります

一重まぶたから二重まぶたにする事はアイプチを使用したり、ファイバーを使用して二重にしたりと、メイクアップに時間がかかってしまいます。二重整形の埋没の施術を受ける事によって、時間をかける事もなく気軽に二重まぶたになる事ができる方法です。

メスを使用した切開方法の二重整形とは違い、埋没方法とは特殊な糸を使って二重まぶたにする方法で、術後は腫れが少なく自然に二重にする事ができるので、周囲にバレる事もなくとても綺麗で魅力的な二重になる事が期待できます。切開方よりも値段が安く、近年では多くの方達が二重整形として行っています。

一重まぶたと、二重まぶたの違い

パッチリとした二重まぶたは多くの人の憧れとなっている様です。
テレビや雑誌などで見るモデルの中にもぱっちりとした二重まぶたの人はたくさんいます。

皆さんは、一重まぶたと、二重まぶたの違いがわかりますか。よくわからない、という人のために少し説明しましょう。

一重まぶたは、その名の通りまぶたが一重です。二重まぶたも大体分かると思いますが、まぶたが二重です。分ったところで、少し比較してみましょう。一重まぶたは、目に対する印象が少し薄い代わりに、目元をクールに見せることが可能です。

対して二重まぶたは、まぶたが二重の分、目がぱっちりになり、可愛く見せることができます。違いはこんなとことですが、自分をアピールするなら外観ではなく、内心を高めたほうが、個人的には好かれると思います。

二重整形を幅広に行う

二重整形を希望している方で、幅を広くしたいと思っているなら、幅広の手術にも対応してくれる病院を選んでください、幅広に切開を行ってくれたり、埋没法を活用してくれる美容整形外科なら、理想的な目元を作れるようになるでしょう。

逆に言えば、目元を綺麗に見せるためには、少しでも幅を広げるなどの方法を使って、二重まぶたを大きくすることも重要なのです。二重の幅は、個人的に決められるポイントと考えてもいいですし、病院側がいいと思っている幅に調整して、手術を行っていく方法もあります。様々な手術の方法を確認して、できる限り幅広に切ってもらうといいでしょう。

二重整形は切る幅を小さくしてもいい

切開法による二重整形は、あまり大きく切ってしまうと内出血が大きくなります。内出血の跡は、当面残されていく形になりますので、基本的にはダウンタイムが長期化するデメリットを抱えてしまうのです。

短時間で二重の状態を作って外に出たいと思っているなら、なるべく二整形での切開法は、小さく切開を行ってもらいましょう。二重まぶたは、そこまで広く作らなくても大丈夫ですし、切開の二重は目立つ傾向があるので小さくても目元を変えられます。どうしても大きく切開して、二重の幅を劇的に変えたいと思っている場合は、なるべくダウンタイムをしっかり取るようにして、少しでも休んで内出血を目立たなくする必要があります。

二重整形関連

MENU