理想のバストを手に入れる!美容整形でコンプレックスに打ち勝つ胸を手に入れる

胸の大きさや形でコンプレックスを持ったり悩んだことはないでしょうか?そんな悩みを解消してくれるのが、美容整形の豊胸手術です!

TOP > 美容整形 > 豊胸

豊胸

美容整形外科で豊胸手術を受けると、手術後にダウンタイムと呼ばれる期間が必要になります。

豊胸手術を受けた当日は痛みを伴うことが多いです。あまりにも痛みが強い場合は、入院が必要になることもあります。

手術後の数日も痛みがでる場合があります。内服薬を飲むと痛みは治まることがほとんどです。

また、この期間は胸を締め付けています。締め付けでかゆみなどが出た場合はクリニックに相談し外用薬で処置をしてもらいましょう。

そして、およそ1週間で抜糸が行われます。2~3週間で腫れや内出血おさまり、1ヶ月ほどできれいに状態になります。

たとえば、あごの整形などをした場合を考えてみましょう。もしも整形をしてあごを小さくすると、余分な皮膚が出てくるはずです。

その皮膚はどうなってしまうのでしょうか。やはりこれはたるみとなって出てきてしまう事もあります。ですので、そのたるみを避けるためにも、あごの美容整形をする際には、それと合わせてたるみが出ないように施術をしてもらうようにしておけば、新たな悩みが増えなくて済みます。

顔の部分にたるみが出てしまえばとても目立ってしまいます。

美容整形をするときには、きちんとそういった点も説明を受けておくと安心です。

豊胸手術は見た目も意識しながら

脂肪注入を行っていく美容整形であれば、豊胸手術もそこまで見た目を気にしなくて大丈夫です。脂肪の場合は、胸の形がそこまで変わることもありませんし、見た目としても普通の胸と同じような感じです。

胸の形に気を付けないと駄目な方法が、ヒアルロン酸注入とシリコンを挿入する方法です。この2つの方法は、胸の形が劇的に変わることもありますので、必ず美容整形の前に説明を聞いてください。ホームページや美容外科で、説明を聞くだけでなく実際の写真を確認するのもいい方法です。安心して手術が受けられると判断してから契約を行いましょう。

豊胸手術は定着率が大事

脂肪注入による豊胸手術を行う場合は、美容整形でも定着率という部分が注目されます。定着率というのは、脂肪が胸の中に残るかどうかを判断する材料になります。脂肪が胸の中から他の場所に移動すると、あまり効果が得られないのです。

豊胸手術では、定着率の高い豊胸を行うことで、脂肪が胸の中に残り続けることとなります。胸に脂肪が残らないような機械を利用してまで、脂肪注入という方法で豊胸は行わないのです。豊胸を希望している方の大半は、シリコンを入れて大きくしていますが、脂肪を入れる方法でもしっかり大きくできるのが現代の整形手術です。

豊胸手術は高齢の方にも使われる

高齢の方で、胸が垂れてきて非常に困っている、胸のサイズが小さくなってきたので、もう少し大きくしたいと思っている方もいるでしょう。そうした女性の場合は、胸を大きくするために豊胸手術を行っていきます。

豊胸手術の方法としては、脂肪注入を行っている方が多いです。高齢の方がシリコンを入れてしまうと、シリコンのダメージが若い人よりも大きくなるので、脂肪を入れる方法が定番になっています。高齢になると、残されている脂肪は意外と多くなりますので、美容整形で取り出すことのできる脂肪が多いメリットもあり、豊胸でも多く利用されているのです。

脂肪吸引や豊胸などの美容整形の麻酔

大阪の美容外科においては、安全性の高い脂肪吸引や豊胸などの施術が続々と導入されており、誰しも魅力的なプロポーションを目指すことが出来ます。

特に、脂肪吸引や豊胸などの施術では麻酔などの処置を施すことによって、患者の身体的な負担を最小限に抑えることが可能となります。

現在のところ、美容整形の費用や効果について興味を持っている女性が少なくありませんが、ファッション誌や美容雑誌などを参考にしながら、脂肪吸引や豊胸などの美容整形を受ける美容外科をきちんと選択することが望ましいといえます。

そして、定期的に担当の美容外科医師とコミュニケーションを図ることで、納得のゆく結果を得ることが大事です。

豊胸関連

MENU