理想のバストを手に入れる!美容整形でコンプレックスに打ち勝つ胸を手に入れる

胸の大きさや形でコンプレックスを持ったり悩んだことはないでしょうか?そんな悩みを解消してくれるのが、美容整形の豊胸手術です!

豊胸手術のメリットとデメリット

やはり豊胸術をおこなうにあたって、メリットとデメリットを知った上で決断をすることはとても重要なことです。

胸の中にシリコンバッグや生理食塩水バッグを埋め込む場合は、中でバッグが破損して液漏れが生じる恐れが全く無いわけではありません。破裂しても安全な液体を体内に埋めてあるとはいえ、破裂すれば胸の形が崩れてしまう危険性があります。

こういった豊胸手術の際には、定期的に健診を受けるなど、バッグの状態を良好に保つことが必要です。毎週クリニックに行く必要などは無く、通院への負担は少ないため、せめて定期的な健診を進んで受けるようにしましょう。

メリットとしては、自分の好みに応じたサイズや形に変更できる という点が大きいのではないでしょうか?
スタイルを良くしたいという方には自分の希望の大きさと形を実現できるというのは大きな魅力です。

また、脂肪注入など、自身に脂肪が無く、受けれない方でも、対応できるという点も、メリットといえるでしょう。

豊胸手術で大きくしすぎると負担あり

美容整形では、ほどほどに手術を行ってから、もう1回手術を受けることによってサイズを変えたり、より綺麗にする方法もあります。美容整形でも、豊胸手術は何回も受けられる手術でもあります。

脂肪注入でもヒアルロン酸注入でも、何度か行っていけば理想的なサイズに仕上げることが可能です。最初の段階で大きな状態を作ってしまうと、体の負担が大きくなります。特に肩こりが多くなりがちで、思っていた以上に肩の負担が大きくなってしまいます。最初の段階では、そこまで大きな胸に仕上げないで、最終的に理想的な胸のサイズを作りましょう。

豊胸手術も未来志向に変わる

その時だけ大きくしていればいいと思われる豊胸手術も多くなっていますが、大事なポイントは将来的にも大きな胸を維持していくことです。大きな胸を維持できる状況にならないと、非常に厄介な問題も生まれます。

シリコンの場合は、脂肪注入に比べるとリスクが高く、将来的にはシリコンの交換が必要です。美容整形では、永久的に大きくできる方法には、若干のリスクと交換という問題点がありますので、こうした部分をしっかりと確認して、実際の手術方法を考えていくといいでしょう。安心できるのは脂肪注入を行う豊胸手術で、シリコンは一時的に大きくする方法です。

豊胸手術は触ったときの感じも考える

触ったとき、自分がどのように感じるかも、美容整形には大事です。もちろん、手術が完了してからしばらくは、その部分を触ってはいけないといわれますので、無理をして触るようなことをしないでください。

しかし、豊胸手術などによって、胸を触るという作業は当然生まれてきます。豊胸手術の後には、まずはマッサージを行わないと駄目です。マッサージによってシリコンが固定されないようにして、胸が固くならないような感じに仕上げます。触ったときの感じがいいと、マッサージをしている時の負担は小さくなるでしょう。なお、脂肪注入に限っては、マッサージを行わなくてもいいです。

豊胸関連

MENU